コラムCOLUMNS

OMOとはどんなマーケティング手法?対応させるメリットや最新事例を解説します

47_omoとは1

OMOとは、オンラインとオフラインを統合したマーケティング手法です。実店舗とECサイトなど複数のチャネルを持つ店舗を経営している方にとっては、有効なマーケティング手法と言えます。しかし、OMOを導入する方法がわからない、導入しても技術不足で扱えないというケースもあるかもしれません。

 

そこで本記事では、OMOとは何か、OMOに対応するメリットや導入後に効果を最大化させるポイント、OMO施策の最新事例について解説します。

 

OMOとは?

OMO(Online Merges with Offline)とは、オンラインとオフラインの統合を意味します。本項目では、具体的な意味について解説しますので、ご覧ください。

 

OMOの意味をわかりやすく解説!

OMOはオンラインとオフラインの統合という意味ですが、具体的にはどういうことなのでしょうか?例を挙げて、わかりやすく解説します。

 

たとえば、実店舗で服を購入する際にポイントカードアプリを作ったとします。カードを作ったことで店側は顧客情報と購入履歴を得られ、その後はメールやアプリなどでおすすめ情報やセールの案内などを送ることが可能です。またアプリを使って服のコーディネートをするという顧客体験を提供し、そこから気に入った服を注文できるなどのシステムも提供できます。

 

実店舗だけでなくオンラインを通しても顧客とつながりを持つことができ、オンラインやオフラインの区別なく顧客をサポートできます。OMOを導入することで、顧客はオンラインとオフラインのどちらでも満足度の高い顧客体験を得られるのです。

 

OMOが注目されている背景

OMOについて話し合うビジネスマン

OMOが注目されている背景には、新型コロナウイルスの影響によるオンラインショップの急速な普及やIT技術の発達などがあります。新型コロナウイルスの影響により、オンラインで商品を購入する方が大幅に増えました。その結果、顧客情報や販売履歴などのデータを広範囲に収集、分析できるようになり、OMOを利用して店舗と顧客をつなげる動きが加速したのです。

 

「O2O」や「オムニチャネル」との違い

OMOと良く似たものに「O2O」と「オムニチャネル」がありますが、何が違うのでしょうか。「O2O(Online to Offline)」とは、オンラインからオフラインへ顧客を誘導する手法を指します。たとえば、スマホアプリでお得な割引クーポンを配布し、実店舗に来てもらうなどの取り組みが挙げられます。そのため、オンラインとオフラインが融合しているOMOとは根本的に違う仕組みであることがわかります。

 

「オムニチャネル」のオムニは「すべて」、チャネルは「経路」という意味であり、顧客と店舗をつなぐすべてのチャネルを活用して購買行動につなげる手法を意味します。チラシやテレビCM、ネット広告などの多様なチャネルを活用して顧客と店舗をつなぎます。OMOに近いですが、OMOの方がより発展した概念と言えるでしょう。

 

OMOに対応させるメリット

メリット

OMOに対応させるメリットについて見ていきましょう。

 

顧客体験価値を向上できる

OMOによって、顧客体験の価値を向上させることも可能です。たとえば、眼鏡専門店のアプリで自分の顔写真と眼鏡を合わせられる、サプリのネットショップで目的に合ったサプリや食事メニューがわかることが挙げられます。このような高度な顧客体験を提供すれば、商品の購入につながりやすくなります。

 

リピーター増加による売上アップが見込める

OMOを導入すると、顧客にとってもさまざまなメリットがあります。たとえば、顧客は実店舗で直接店員の接客を受けなくてもアプリやネットを通じて必要な情報を得られます。また、店舗側は顧客の個人情報や販売履歴を把握できるため、ネット上でも実店舗でもきめ細かいサポートを受けられます。

 

このように、OMOの導入によって顧客が買い物をしやすい状況が整うため、リピーターが増加して売上アップが見込めるのです。

 

他社との差別化ができる

OMOを導入して高度な顧客体験を提供できれば、他社との差別化を図れます。たとえばアプリで服のコーディネートができ、さらにプロのアドバイザーによるアドバイスを受けられるのは自店舗だけなら、他社との差別化ができます。その結果、自店舗を選ぶ顧客が増えるでしょう。

 

OMOの効果を最大化させるためのポイント

OMOを導入した際に、効果を最大化させるための重要なポイントについてご説明します。

 

ICTを活用する

OMOを成功させるためには、複数のチャネルを連携しデータを統合することが重要です。そして、そのためにはICTを最大限に活用する必要があります。

 

実店舗とECサイト、アプリなどの複数のチャネルを用意して連携させてOMOを導入します。そして、複数のチャネルとブランドや店舗がいくつもある場合はそれらを連携させ、顧客データを取得して統合します。

 

場合によっては、魅力的なアプリやサイトを構築する必要もあるでしょう。そのためには、ICT技術が必須なのです。

 

マルチチャネル化を行い、顧客との接点を増やす

OMOの導入時に重要なのは、マルチチャネル化して顧客と店舗の接点を増やすことです。実店舗やECサイトだけでなく、アプリ、SNS、メールマガジンなど多くの接点が必要です。複数のチャネルを連携させて、顧客が店舗にアクセスするチャネルを増やしましょう。

 

商品・サービスの購入以外でも価値を提供する

OMOの導入を成功させるためには、顧客が商品やサービスを購入できる手段を増やす以外にも方法があります。具体的には、顧客体験型のアプリや割引クーポンの提供、イベントへの参加などの価値を提供することが重要です。

 

ネットショップ上のアバターを動かして商品を選べる、服のコーディネートができるなど幅広い価値を提供できる仕組みを導入しましょう。

 

収集されたデータを分析し、改善策を練る

収集した顧客情報や販売履歴などのデータを分析し、自社の強みや弱み、商品の売れ筋などを分析しましょう。データを最大限に活用すれば、販売計画や広告戦略の改善に役立てることが可能です。

 

OMO施策の最新事例

OMOの施策事例をチェックする社員

OMO施策の最新事例についてご紹介します。

 

ユニクロの事例

アパレル業界の最大手であるユニクロでは、店舗にある商品のバーコードをスキャンするとアプリで商品の詳しい情報を見られる仕組みを提供しています。また、モバイル会員限定のお得なクーポンや特別価格の設定などもあります。このような仕組みによって、オフラインからオンラインへ、逆にオンラインからオフラインへ顧客を誘導することに成功しました。

 

サントリーの事例

サントリーではLINEでお酒を注文でき、店舗でボトルスタイルのコーヒーを受け取れるカフェをオープンしました。しかも、コーヒーのベースや甘さ、フレーバーなどをLINEで選ぶことができ、自分だけのコーヒーを作って注文できます。あらかじめ注文しておけるので店舗での待ち時間がなく、しかも自分だけのコーヒーを作れるので人気を集めています。

 

東急百貨店の事例

東急百貨店では、特設サイトで栄養、休養、睡眠などに関する商品を、顧客の現在の状況に合わせて選べるようにしました。選んだ商品は東急百貨店のオンラインショップや店舗で購入できます。特設サイトで顧客が自分に合った商品を楽しみながら選べる仕掛けになっているのが特徴です。

 

まとめ

本記事では、OMOとは何か、OMOに対応するメリットや導入後に効果を最大化させるポイント、OMO施策の最新事例について解説しました。OMOを導入することで、顧客体験の価値の向上やリピーターの増加など多くのメリットを得られることをわかっていただけたと思います。しかし、OMOを導入するためにはITシステムの変更が必要なため、対応できる担当者がいないケースも多いかもしれません。

 

そこでOMOを導入するなら、ホームページ制作会社の株式会社プラストにご依頼ください。蓄積した豊富なIT技術を生かして御社のOMO導入と運用をお手伝いします。サポート内容について詳しく知りたい場合は、ぜひお問い合わせください。