コラムCOLUMNS

【初心者向け】成功に導くランディングページの作り方!流れをわかりやすく解説

ランディングページ 作り方1

ユーザー登録者数を増やしたい、商品を購入してほしいなど、さまざまな理由でランディングページを作ろうとしている企業も多いでしょう。しかし、効果が高いランディングページを作成するのはとても難しいです。

そこで本記事では、ランディングページとは何か、ランディングページ制作の重要なポイント、作り方などについて解説します。これからランディングページを作ろうとしている方は、ぜひ参考にしてください。

ランディングページ(LP)とは?

ランディングページとは、ユーザーが最初に訪問するページです。ランディングページは、ユーザー登録したり資料請求したりするなど、ユーザーにアクションをおこしてもらうために作成します。

しかし、一枚のページで内容に興味を持ってもらい、そこからアクションまで持って行くのはとても難しいです。

そこで、ランディングページを使って目的を達成するために重要なポイントについてご説明しましょう。

ランディングページ(LP)制作で必ずおさえたい3つのポイント

スマホを見ながら確認をする社員三人

ランディングページを制作する際に、おさえておくべき3つのポイントについて解説します。

ファーストビューが命運を握る!

ユーザーがランディングページを一目見た瞬間に、結果が決まると言われています。パッと見て「興味がない」「つまらない」と思われてしまったら、そこで離脱されてしまうでしょう。

そのため最初に画面を開いたときに目に入る情報に、ユーザーがもっとも知りたい情報やメリットをわかりやすく盛り込む必要があります。例えば、「キャッシュバック50,000円!」「みるみる痩せる!」などのキャッチフレーズが直感的にわかりやすいです。

第一印象でユーザーに「これについて知りたい!」と思ってもらう必要があります。そのために、最初のページの見せ方がもっとも重要なのです。

ユーザーファーストを意識した構成にする

ユーザー目線に寄り添った内容を意識した構成にする必要があります。

例えば、最初にユーザーの悩みに共感し、紹介する商品やサービスでその悩みが解決することを実際の例を交えて強調します。その後、実際のお客様の声を紹介して、「今なら割引適用!」などの特典を紹介して検討してもらい、購入ページに誘導します。

このようにユーザーの悩みや求めるものに寄り添った表現をすれば、ユーザーに読み進めてもらいやすくなるでしょう。

公開後も効果検証・改善を繰り返す

ランディングページを公開した後も、コンバージョン率やユーザーの離脱率などのデータを分析して効果を検討しましょう。そして、情報をより見やすく工夫する、構成や特典内容を変えるなどの改善を効果が出るまで試行錯誤します。

改善を繰り返しやすいように、誰でも更新できる内容にしておく点も大事です。

【初心者向け】成功に導くランディングページの作り方

ポストイットに必要事項を書いて壁に貼ってみる様子

ランディングページの具体的な作り方についてご説明します。

①目的・目標を明確化する

最初にどのような目的にするかを決め、目標をできるだけ数値化しましょう。まず最終的な目標のKGI(重要目標達成指標)と、中間目標のKPI(重要業績評価指標)を決めます。

例えば、KGIを「商品購入件数10件」とすると、それを達成するためにKPIを「PV数10,000、クリック率1%」などとします。

②ペルソナや訴求ポイントを定める

ペルソナとは、商品やサービスを利用するユーザー像です。ペルソナを明確に設定すれば、ユーザーが求めるニーズや悩みに合ったページを作成できます。

③構成を作る

何を伝えたいかが明確になったら、ランディングページの構成を作ります。流れをしっかりと作り込み、ファーストビュー⇒共感⇒商品紹介⇒信頼を獲得する⇒クロージングという構成にします。

例えば、ダイエットサプリのランディングページならば以下のような流れで作成します。

  • ファーストビュー:痩せたい方に朗報!手軽にダイエットできてお肌もつるつる!
  • 共感:痩せたいのになかなか痩せられない⋯⋯ダイエットでお肌がぼろぼろ⋯⋯
  • 商品紹介:写真やエピソードを交えた商品の具体的な効果
  • 信頼を獲得する:有名インフルエンサーによる紹介
  • クロージング:商品購入ページへ誘導

 

このように、ユーザーに共感しながら悩みを解決できることをわかりやすく伝える構成にしましょう。

④ライティングをする

構成にもとづいてランディングページを作成します。淡々と事実や機能を伝えるだけでなく、どのようなメリットがあるのかという内容を具体的に伝える点が重要です。

⑤デザインを作る

対象のユーザーが好みそうなデザインにして、スクロールした際に表示される情報量が多すぎず少なすぎないように調整します。

⑥コーディングをする

HTMLやCSS、JavaScriptなどを使って、ランディングページをコーディングします。

⑦ランディングページを公開する

ランディングページが完成したら、公開します。ただし、公開する前には、パソコンやスマホ、タブレットなどさまざまな端末で表示して、見た目に問題ないか必ず確認しましょう。

⑧効果検証・改善をする

アクセス数やPV数、ユーザー離脱数などのデータを収集して分析します。また、最初に決めたKGIやKPIを達成しているかも検証しましょう。このとき、問題があれば改善していきます。

ランディングページを作るなら制作会社への依頼がおすすめ

パソコンで作業する男性

ランディングページを作る際には、専門的な知識やスキルが必要であることがわかっていただけたと思います。そのため、自前で作るのが難しいという場合はホームページ制作会社に依頼するのがおすすめです。

次に、制作会社に依頼するのがおすすめである理由についてご説明しましょう。

高品質なランディングページを作れる

制作会社には、過去にいくつものWEBサイトを構築した実績や経験、スキルがあります。そのため、美しいデザインのページ作成はもちろん、どうしたらユーザーの目を引くサイトを作れるかなどのノウハウも持っています。

自社で制作するよりも手間やコストを省ける可能性が高い

自社で製作すると自社社員の人件費や、ツール、サーバー機器などの設備のコストがかかります。また、スキルを持つ担当者を採用したり教育したりする手間とコストも発生します。

しかし、制作会社に依頼すればそれらのコストはかかりません。依頼料はかかりますが、これらの手間やコストに比べたら安く済むでしょう。

競合ページや顧客の分析をしてもらえる

他社の競合ページの分析や、自社の顧客データから効果の高い方法は何であるかなどの分析もしてもらえます。

ランディングページが制作できる会社は、単にページを制作するだけでなく効果が高いページを作るプロです。そのため、競合ページや顧客の分析なども依頼すれば対応してくれるでしょう。

制作後も運用サポートをしてもらえる

さらにランディングページを制作したら終わりではなく、効果の検証や更新などの運用サポートも受けられます。目標を達成するまでプロに対応してもらえるので、安心して依頼できるでしょう。

まとめ

本記事では、ランディングページとは何か、ランディングページ制作の重要なポイント、作り方、制作会社に依頼するのがおすすめである理由について解説しました。

ランディングページの制作をするためには、豊富な経験やノウハウが必要であることがわかっていただけたと思います。自社でランディングページを作って効果を上げるのは難しい場合には、制作会社に依頼するのがおすすめです。

効果の高いランディングページの制作を依頼したいなら、株式会社プラストがおすすめです。お客様のご要望をしっかりとヒアリングして、条件にマッチしたランディングページをお作りしますので、まずはお問い合わせください。