コラムCOLUMNS

売上を上げるための方法とは?店舗・企業の売上は3つの要素で決まる!

49_売上を上げる1

「売上を上げるためにはどうすれば良いか?」という課題には、どの企業の経営者も頭を悩ませているでしょう。売上を上げる方法がわかれば、もっと大きい市場に出てより大きな売上を得ることも可能です。

 

そこで本記事では、売上を決める3つの要素とは何か、そして、それぞれの要素に分けて売上アップのための具体的な施策をご紹介します。店舗や企業の売上が伸び悩んでいる経営者の方は、ぜひ参考にしてみてください。

 

店舗・企業の売上は3つの要素で決まる!

店舗・企業の売上は以下の3つの要素で決まります。本項目では、それぞれの要素について解説します。

 

①顧客数の多さ

顧客数が多ければ、それだけ売上が上がります。また顧客1人が購入する単価が低くても、その数が多ければ売上は上がります。そのため、顧客数を増やす施策は非常に重要です。

 

②客単価の高さ

顧客1人がどれくらいの金額を使うかという客単価の高さも重要です。客単価が高ければ、顧客が少なくても売上を上げられます。客単価が低い場合は、上げる施策を講じる必要があるでしょう。

 

③顧客のリピート頻度の高さ

顧客がどれくらいリピートしてくれるかというリピート頻度の高さも重要です。ほとんどの顧客が一度買ったきりで再度購入してくれないならば、売上を上げることは難しいでしょう。そのため顧客のリピート率を調査して、低い場合はリピート頻度を上げる施策が必要です。

 

売上を上げるための具体的な施策【顧客数のアップ】

SNSをチェックする手元

顧客数を増やすための具体的な施策をご紹介します。

 

見込み客のターゲティングを行う

顧客を増やすためには、見込み客がどこにいるかを知る必要があります。顧客になる可能性が少ない層も含めてやみくもにアクションを起こしても、効果は薄いです。見込み客がどこにいるのか商品やサービスの質を考慮し、ECサイトへのアクセス数や既存顧客の年齢層、性別などを調査しましょう。

 

広告を展開する

新規顧客を増やすために、広告展開を行います。しかし、広告の種類によってコストや効果、効果が高い層などがまったく異なるので、自社の顧客層に合った広告を選ばなければなりません。ネット広告やSNS広告などはターゲットや検索ワードに応じて出せるので、比較的効率が良い方法です。

 

ホームページやSNSを活用した集客を行う

自社のホームページやSNSがあれば、積極的に活用して集客を行いましょう。このときホームページを制作するだけでなく、コンテンツマーケティングを展開すると新たな集客効果を見込める可能性があります。

 

コンテンツマーケティングとは、商品やサービスに関連する情報を集めたブログや情報サイト、メールマガジンなどで集客する方法です。たとえば、栄養食品のECサイトと健康に関する情報を集めたブログを連携させることで、情報を求めてたどり着いたユーザーをECサイトに集客できます。

 

MEO対策を行う

MEO(Map Engine Optimization)対策とは、マップエンジン最適化対策を意味します。地図上で店舗の検索順位を上げる取り組みであり、地図で店の情報を調べて探す人もいますので、地図で検索したときに検索結果の上位に表示されるようにすると集客効果が上がります。

 

業務効率化を進める

業務の効率化を進めると、今よりも多くの顧客に対応できる可能性があります。現状、商品の開発・生産やサービス対応などが追い付かず新たな顧客を増やせないという場合には、効果的な方法です。

 

売上を上げるための具体的な施策【客単価のアップ】

売上集計結果を見ながら会議をする人の手元

客単価をアップさせるための施策を見てみましょう。

 

商品価格を見直す

商品価格を見直せば、客単価をアップさせることができます。しかし、いきなり価格を上げてしまうと敬遠される可能性が高いです。そこでパッケージを変える、商品の個数やグレードを変えるなどの対応をとり、商品価格を見直すなどの工夫をしましょう。

 

セット販売を行い、まとめ買いを促す

セット販売を強化してまとめ買いを促すことで、客単価を上げることができます。具体的には、セットで買うとお得になる価格設定を行う、セット購入でプレゼントをつけるなどの方法があります。

 

上位ランクの商品を提案する

商品にいくつかのランクがある場合は、よりランクの高い商品を購入してもらうことで客単価が上がります。ランクの高い商品に変えるメリットをアピールして、上位ランクの商品の売上を伸ばす工夫をしましょう。

 

関連商品を提案する

ひとつの商品だけでなく、ほかの関連商品もまとめて購入してもらえれば客単価が上がります。一緒に使うとより便利になる、この商品が好きならこちらもおすすめなど、関連商品を提案しましょう。

 

たとえばAmazonの商品ページには関連商品が出てきますが、その手法を真似てECサイトで関連商品が出てくるような工夫をするのもひとつの方法です。

 

ブランディングを行う

ブランディングを行い、自社の商品やサービスを他社と差別化する方法もおすすめです。自社の商品にしかない魅力、自社のサービスでしか得られないメリットなどをアピールします。

 

すぐに効果が出る方法ではありませんが、ブランディングを続けて自社のイメージが定着すればその分野で他社と差別化を図れます。最終的にこの商品ならこの会社という認知度を高めて固定イメージをつければ、他社にはない強みを得られるでしょう。

 

売上を上げるための具体的な施策【リピート頻度のアップ】

具体的な施策を話し合う会社員

リピート頻度を上げる施策についてご説明します。

 

アフターサポートを充実させる

アフターサポートが充実していると、顧客がまたこの会社の商品を購入したいと考えてくれる可能性が高まります。具体的には、問い合わせに丁寧に対応する、顧客が必要なお知らせをメールで配信する、アップデートやメンテナンス対応をするなどの施策を進めましょう。

 

会員制度やポイントカードなどで囲い込みを行う

会員制度にしたりポイントカードを作ったりして、顧客の囲い込みを行うのも良い方法です。会員にアプリでお得なクーポンを配る、ポイントを貯めればお得に買い物できるなどの仕組みを導入すれば、リピーターが増える可能性が高まります。

 

限定の商品・サービスを作る

同じ商品やサービスを売るだけでなく、限定商品やサービスを出すともう一度買ってくれる可能性が出てきます。たとえば人気のキャラクターとのコラボ商品、季節限定商品などを売り出す場合が多いです。新たな付加価値がある商品やサービスを販売して、リピーターを増やします。

 

スタッフの接客品質を上げる

スタッフの接客品質を上げると、顧客はまた買おうという気持ちになる可能性があります。スタッフの印象はイメージに残りやすいので、重要なポイントと言えます。

 

お客様の声をもとに改善を重ねる

お客様の声を収集して分析し、商品やサービスの改善を重ねることも重要です。「この商品はもっとこうだったら買うのに」「このサービスにこんな機能があればいいのに」という声を反映すれば、リピーターを増やせるでしょう。また、この会社は顧客の声を聞いてくれる会社というイメージが定着すれば、会社の好感度が上がるメリットもあります。

 

まとめ

本記事では、売上を決める3つの要素とは何か、そして、それぞれの要素に分けて売上アップのための具体的な施策をご紹介しました。それぞれの要素で自社に合った施策を行い、売上の向上を目指しましょう。しかし、新たな施策を行うリソースが不足している、施策を行っても成功させる自信がないという企業も多いと思います。

 

そこで売上アップのための施策を外注するなら、ホームページ制作会社の株式会社プラストがおすすめです。ホームページやSNSを活かした施策やMEO対策、IT化による業務効率化などの施策を対応いたします。まずはお問い合わせください!