CSR(社会貢献活動)

寄付金額総額

被災地支援としてコラボ・スクールへの寄付を行っています。
CSR一覧

2011年3月に発生した東日本大震災により尊い命と多くのものが奪われました。被害の大きい地域にも弊社従業員の家族や親戚、友人が多く暮らしていて、沢山の人々が避難生活を余儀なくされました。こんな時だからこそ、プラストとして何か出来る事はあるんじゃないかとみんなで考えた結果、震災以降の会社の収益の一部を当面の間、被災地支援金として使わせて頂く事を決定しました。これがこのプロジェクトの始まりです。

現在、弊社が会社として活動出来ているのはお世話になった地域の沢山の方々のお蔭です。皆様の支えが無ければ私達は現在会社として活動出来ていません。この活動はボランティアでは無く、お世話になった方々に恩返しをしたいという想いから生まれました。

活動を続ける中で私達もかけがえのない多くのものを得る事が出来ました。復興を目指す地域の皆様や、夢の為に日々頑張る多くの子ども達に出会えた事、活動に賛同して頂いた中小企業の経営者様や色々な方からの応援や温かい励ましの声は、本当に嬉しく、明日の仕事への活力となり、いい循環を頂いています。

震災から、現在でも常に新たな問題が発生している状況です。弊社としては微力ですが、『継続は力なり』の気持ちで今後も支援活動に取り組んでいく所存です。被害に遭われた地域の方々の心の安定と復興を心よりお祈り申し上げます。

平成26年から現在までの活動報告

女川の町は少しづつ変化していました。町にコンビニが出来、仮設住宅は未だに残っていますが、少し減り、新築の住宅が増えてきた様に感じます。津波にに飲み込まれない様に盛り土でかさ上げされた土地の上に昨年完成した女川駅の近くにはついに商店街が!つい寄りたくなる飲食店やダイビングのお店、遊び心満載のニュースもなったダンボルギーニ(ダンボールで作ったランボルギーニ)のお店もありました。まだ建設途中の建物があるので来年はもっと変化していそうです。

今年も女川向学館の先生方や子ども達に温かくおもてなしをして頂き、小学4年生の生徒達の授業に参加して子どもたちから将来の夢の発表をしてもらいました。また今回も元気と明日からのやる気を沢山貰って帰ってきました。今期も沢山の方のご支援ご協力を頂き継続支援をする事が出来ましたことを心から感謝しております。今後もこのプロジェクトが子ども達の明るい未来に繋がる事を願い、少しずつでも地域の皆様に貢献出来る様、継続をしていきたいと思っております。皆様今後とも宜しくお願い致します。

被災地の“放課後学校” ホームページを見る
東日本大震災で被災した子どもたちのための、放課後の学校です。津波で家が流されて狭い仮設住宅で暮らすなど、落ち着いて学ぶ場所を失った子どもたちに、 学習指導と心のケアを行っています。
支援活動
寄付金額総額